プラス脱毛

保湿も重要

保湿

脱毛前にやらなければいけないことの一つに、乾燥肌を防ぐと、というものがあります。特にレーザー脱毛や電気脱毛の場合、乾燥している状態だと施術する事もできません。乾燥肌を一日で改善することは難しいので、日常生活の中でこまめに保湿していきましょう。もちろん脱毛中や後の保湿も忘れずに!


保湿しながら洗う

私たちの皮膚には、肌自身が分泌する保護膜があります。保湿しながら洗うためには、古く汚れた保護膜を落とし、新しい保護膜の成分がきちんと分泌されてくるサイクルを作るだけで良いんです。クレンジングや界面活性剤の入った洗顔料はやめて、天然のオリーブオイルや純練石鹸をよく泡立てて使ってみてください。しばらく使ううちに洗顔後の突っ張り感がなくなってくるはずです。また、熱いお湯を使うとそれだけで保護膜が取れてしまいます。ぬるま湯を使い、すすぎは洗顔の倍の時間をかけてみるのがポイントですよ。

身体

顔はたっぷりの泡で包み込むように洗うのに、身体はボディーソープや石鹸をつけたボディタオルでゴシゴシ擦ったりしていませんか? 潤い成分配合、とか肌に優しい、と書いてある市販のボディソープにもやはり界面活性剤が使われていることが多いんです。顔と身体は同じ皮膚でつながっています。顔より外にさらされることの少ない身体を、洗浄力の強いものでゴシゴシ洗う必要は全くありません。顔と同じようにたっぷりの泡で優しく洗いましょう。泡立ちやすいボディーソープでなくても、ネットを使えば石鹸だって十分アワアワを作れます。

脱毛後をキレイに保つ

化粧水・ローション

脱毛後の肌は、水分が逃げやすくなっているだけではなく傷ついてデリケートな上体になっています。そのため、保存料や香料、着色料などが含まれていない低刺激の化粧水やローションをたっぷりとつけてあげます。普段コットンに化粧水を染み込ませて使っている人も多いと思いますが、あまり広い範囲でなければ手で十分です。何回かに分けてたっぷり染み込ませてください。背中や足など広い範囲の場合には、コットンは無く清潔なタオルにたっぷり染み込ませて肌の上にしばらく乗せて置きます。脱毛時以外にも肌の調子を見て定期的に行えば、気分転換しながら美肌づくりができますよ。


引き締める

脱毛や除毛を行った直後は、できるだけ肌に負担のかからない保湿方法を選択することが重要です。数日たって、肌の調子がよければ、体毛が薄くなる効果も高いと評判になった手作り豆乳ローションなどを利用すると豆乳成分が肌のキメを整えてくれます。また、定期的に、蒸しタオルと冷たく凍らせたタオルを交互に当てて皮膚を活性化させてあげましょう。肌が引き締まると同時に開いてしまった毛穴も引き締めることができますよ。


手作り美肌保湿液のレシピ

材料

ドライカモミール 適量・精製水 100ml・ホホバオイル 2ml・レモン汁 小さじ1・緑茶葉 茶さじ1

作り方

  • 清潔な鍋に精製水を入れ、一度沸騰させます。沸騰したら火からおろします。あら熱が取れたら、緑茶の茶葉とドライカモミールを入れて蓋をし、数分蒸らします。
  • 茶葉とカモミールを取り出し、さらに冷まします。人肌程度にぬるくなったらレモン汁とホホバオイルを加えて完成です。多めに作る場合には、オイルとレモン汁を入れない状態で小分けにして冷蔵庫で保存します。保存期間は大体1週間を目安にしてください。

使い方

洗顔後や入浴後の保湿ローションとしてたっぷり使います。入浴後は肌を引き締めるために、冷蔵庫で冷やした状態にしてから手に取り、数回に分けてパシャパシャと染み込ませます。紫外線に当たって肌が赤くなってしまったときには、茶葉を紅茶に変えて作ると効果的ですよ。