プラス脱毛

足

足

ミニスカートや短パンから出ている脚に、モジャモジャとしたムダ毛が生えているのはちょっといただけません。たまに生えかけの毛がサボテンの様にストッキングから出ている人も見かけますが、これもちょっと…ですよね。でも、頻繁にお手入れすると肌荒れでカサついてしまうのも心配です。男性の中にもスネのムダ毛を気にする人は多くなってきましたが、加減が難しい男性の方が自分で処理するのが大変なようです。


毛周期

脚の場合、目立つ硬毛は膝から下のすね部分に、太腿は少し薄い中間毛が生えることが多くあります。すねの無駄毛は硬毛の中でも長めの短毛です。伸び続ける期間も腕毛より長く、平均して4〜6ヶ月は伸び続けます。また、1 日に0.2〜0.3ミリと眉毛や指毛などより早く伸びる体毛です。同じように処理する機会の多い腕毛より太く、メラニン色素も沢山含まれているため濃く一本一本が濃いのが特徴です。それに対して太腿部分の中間毛は、長さも脛毛より短く色も薄いため、成長期間・スピード共に遅くなります。

処理方法

レーザー脱毛

女性でも黒く濃い毛が生えることの多い脛毛は、レーザーを使った脱毛でも効果が出やすい部分です。しかし、女性の場合中間毛に近い細さや色の毛もましっていることが多く、家庭用レーザー脱毛器やエステサロンの脱毛器では反応しにくい場合があります。また、膝周辺の硬く丸い部分にはレーザーが上手く照射されない事もあります。


脱色

全くのツルツルに脱毛してしまうとおかしく感じる男性のすね毛の処理には、抜いたり剃ったりせずに脱色するというのもおススメです。カミソリは肌へのダメージが大きくなりやすいですし、黒い短い毛が生えてくるとかえって目立ってしまいますし、ザラザラ感もあります。毛を薄くする作用のある豆乳ローションなどを併用して脱色すると自然な感じで体毛を目立たなくすることができますよ。


毛抜き

皮膚が薄く曲線が多い膝のムダ毛は、シェーバーを当てても上手く綺麗に剃れない事がありますよね。伊達威容脱毛器を使っても、剃り残し・抜き残しがあるとかえって目立ってしまいます。そのため、自分で処理する場合、膝のムダ毛には毛抜きを使って脱毛するのがおすすめ。ただし、膝に生えている毛は生えている向きがばらばらになっている事も多いので、しっかり方向を見極めてから抜くのがポイントです。


お手入れ方法

注意点

脚や腕の脱毛は多くの女性が週1〜月2回程度の割合で行っているようですが、よく聞いてみると脱毛後の保湿やケアは忘れてしまう人が多いようです。脚はパンツやスカート、ストッキング、ブーツなど衣類との摩擦がおきやすい場所です。脱毛後の肌は肌を守る毛が無いのでダメージを受けやすく、摩擦によって肌荒れや乾燥を引き起こす事も多いんです。脱毛後の保湿ケアをしっかり行って、キレイな脚作りを目指しましょう。

脱毛テープ・ワックスでのお手入れ方法

  • 剥がすタイプの脱毛テープやワックスを使う場合、始めに毛を生えている向きに整えておきます。寝癖などがついている場合には、一度濡らしてから整え、保湿した後でしっかり乾燥させます。
  • スネ毛が長く伸びている時には、はさみで5mm程度の長さにカットします。
  • ワックスを使う場合は、指定された方法で適温まで温めます。温めないで使用できるものもあるので使用方法に従って使ってください。
  • 脱毛したい面にワックスもしくは脱毛テープを満遍なく塗ります。この時空気が入らないようにするのがポイントです。
  • 始めに確認した毛の流れとは逆の方向へ一気にテープ・ワックスを剥がします。ワックスの場合、しっかり固まってから剥がしてください。
  • 低刺激の保湿クリームやローションを塗ります。その上から清潔なタオルを冷やして脱毛した部分に当てておくのもおすすめです。