プラス脱毛

髪の毛

髪の毛

髪の毛にムダ毛とか髪の脱毛、というのはあまりイメージしにくいかもしれません。しかし、モミアゲや襟足、額の産毛など、生え際を中心として脱毛や除毛を希望する人って結構沢山いるんです。生え際が薄くなってきて悩んでいる人にとっては、脱毛するくらいなら分けて欲しい! と思うかもしれませんね。


毛周期

髪の毛の毛周期は、一日に伸びるスピードが0.2〜0.5mmと成長の速い体毛です。成長毛が延び続ける期間も2〜10年と長く、後退期に入った後も3〜4ヶ月の休止期間をおいてまた成長し始めます。そのため、髪の毛の毛周期が規則正しく繰り返されていれば、毎日100本前後が抜け落ちていますが全体的な毛髪の量にはあまり変化はありません。

モミアゲ

特徴

男性の場合、髭と髪の中間に存在するモミアゲの毛周期は、体毛の中でもかなり速いスピードです。しかし、女性や子供のモミアゲは中間毛に近い細い毛だったり、産毛になっている人もいます。産毛や中間毛の毛周期は毛髪や髭に比べ短いのでヘアスタイルによってはモミアゲだけ伸びるのが遅いと感じる場合もあります。モミアゲが長いと男性的な印象になるため、女性の中には顔の産毛と一緒にお手入れしたり、脱毛・除毛したりする人もいます。

脱毛・除毛

産毛や中間毛の場合、ダイオードレーザー以外のレーザー処理をしても効果が無いことが多くあります。そのため、カミソリやシェーバーを使った自己処理や、色を抜いて目立たなくする除毛などが一般的です。また、モミアゲのお手入れを行う際には、耳たぶより上をモミアゲと考えてどのくらいの長さで残すかを考えて脱毛・除毛するのがポイントです。生え際ぎりぎりの部分はできるだけ産毛の感じを残すようにしておくと自然にすっきりさせることができます。

襟足(うなじ)

特徴

産毛や中間毛が多く長さもあまり無いため、アップスタイルにすると後れ毛としてバラバラ落ちてきてミットもなくなってしまいやすい部分です。着物やドレスの襟元をより美しく見せるためには、やはり襟足から肩や背中のお手入れは重要です。舞妓さんなどをみても襟足を白く塗って形良く見せていますよね。

脱毛・除毛

この部分は自分では直接見ることができないので、鏡を使ってかみそりで自己処理を行っても、剃り残しなどでムラになってしまいやすい部分です。エステサロン等でも形を整えやすい溶かすタイプのワックスが使われることが多いので、自己処理をする時も友人や家族に頼んでみると良いかもしれませんね。また、見えない部分なのでこまめにお手入れするのが難しい場所です。そのため、ダイオードレーザーやフラッシュ脱毛は産毛をさらに薄く生えにくくする働きがあるので効果的です。

特徴

おでこの生え際って意外と細い毛が多く、眉や眼の際まで産毛があると顔が暗く見えてしまうことがあります。また、赤ちゃんから子供の頃は額にも産毛が多く見られます。成長するに従い毛周期が長く硬毛に変化していきます。女性ホルモンと深く関係しているため、男性が年齢を重ねるとこの毛周期のサイクルが逆行し、硬毛が段々と軟毛へ変化していく現象が現れる事が多くあります。

脱毛・除毛

額が極端に狭い人の中には、産毛部分を剃ったり脱毛している人もいます。髪の毛が生えている頭部は皮膚が薄く、抜くと痛みを強く感じやすい部分です。そのため、レーザー脱毛や電気脱毛などでも皮膚に対する刺激が強く感じられます。また、シェーバーなどを使う場合には、髭と同じくらいのスピードで伸びるため、保湿など肌荒れ防止のための注意が必要です。頭髪の永久脱毛は額が広くなってきた時に後悔するかもしれませんので、部分的な除毛などがおススメです。