プラス脱毛

眉毛

眉毛

顔の表情や印象を決める重要な部分ですが、剃りすぎてしまったり抜きすぎたりと、失敗した経験のある人はきっと多いはず。だからといってほっておくとボサボサになってしまいます。眉の形は流行りがありますから、永久脱毛なんてしちゃったら、後々後悔することになるかもしれません。やっぱり、その時の自分の顔や目の印象にあった形に自分で整えていくのがおススメですよ。


眉毛の毛周期

毛周期

まゆ毛の長さって髪の毛より短いですよね。ですから毛周期も短く、3ヶ月程度で抜けてしまいます。一日に伸びるスピードは0.1〜0.2mmなので、長さを切りそろえるタイミングとしては一週間から十日に一回間隔がちょうどいいかもしれません。

毛質変化のサイクル

生まれたばかりの赤ちゃんは眉毛も細く柔らかい軟毛です。これが生後1年の間にだんだんと硬い硬毛に生え変わります。また、眉毛がとても長くなっている年配の男性を見かけることがありますよね。これは男性ホルモンが関係しているために起こる現象で、耳毛などと同じくらいの年齢から長く伸びてくることがあります。

眉毛の処理方法

脱毛・除毛

眼球に近い場所なので、黒い色に反応して熱や振動を加えるレーザー脱毛は黒目に影響を及ぼしてしまう可能性があります。そのため、フェイシャル脱毛としては、レーザーではなく黒めに影響がなく深度の浅い光脱毛や糸を使った方法がお勧めです。おうちでのお手入れでは、毛抜きで抜く人も多いようですがあまり頻繁に抜いていると毛根をいためてしまい生えてこなくなる事もあります。できるだけ皮膚にダメージを与えないように、フェイシャル用の家庭用脱毛器やカミソリなどを利用するのがお勧めです。

脱色・眉カラー

眉の濃さやばらつき、周辺のムダ毛などが気になる場合には、脱色やカラーリングがお勧めです。眉は顔のヘアカラーをして髪を明るい色にすると、眉だけが浮いてしまうように見えることがあります。そういったときには、髪の色より1〜2トーン暗めに眉カラーをすると綺麗に仕上がります。市販のカラー剤を使って自分で染める人も増えていますが、市販のカラー剤は髪の毛用のものがほとんどなので、肌荒れすることもあります。

まゆ毛の整え方

  • 眉毛ブラシで毛の流れにそって梳かして整えます。この時、目安となるようにアイブローペンシルなどで輪郭を書いておいても良いです。
  • コーム部分を使い眉山より内側の毛を逆立てるように持ち上げます。コームは眉上部の生え際にそろえて止め、コームよりはみ出ている部分をはさみでカットします。
  • 次にコームを使って眉毛の下生え際に向かって梳かし、同じように下部の生え際でコームを止めます。はみ出た部分のみをはさみでカットします。
  • 眉山より外側は、流れに沿ってコームで押さえるようにとかして、はみ出た部分のみをはさみでカットします。眉山より外側は下に向かって生えているので、下部分のみカットすることになります。
  • 生え際周辺で気になる産毛は、カミソリなどでそります。この時生え際ぎりぎりに産毛を剃ってしまうと眉毛がノリのようになってしまうので、眉の輪郭からはみ出た目立つ部分だけを剃るのがポイントです。カミソリを当てるときには、毛の流れに逆らわないように剃っていきましょう。