プラス脱毛

顔

顔

毎日外へ出ている部分だからこそ、刺激を受ける事も多く肌荒れが気になる部分ですよね。良く見ると顔には色々な種類の毛が生えています。毛髪はもちろん、眉毛やまつげはなくなってしまうと困る体毛ですが、ヒゲは無くてもいいと思っている人が多いのではないでしょうか? 自分の第一印象を決めることにもなる顔ですから、それぞれに合った正しいお手入れで更なるキレイを目指しましょう。


毛周期

顔には眉毛などの太い毛の他に、全体を覆うように生えている産毛があります。産毛は他の体毛と比べてもあまり長くないですよね。そのため、産毛のお手入れは2〜3週間に一度くらいが目安となります。また、眉やまつげなどの太くて短い体毛はそれだけ伸びている期間も短いため、数日から2〜3週間で抜けてしまうものもあります。このように眉やまつげなど、部分的に生えている硬毛は、産毛より生えるスピードも速く一日に0.2mm以上も伸びる場合があります。男性の場合顎にヒゲが生えますが、このヒゲも成長が早く頭髪と同じように一日で0.2〜0.5mmも伸びることもあるんですよ。

色々なフェイシャル脱毛

ブライダル

結婚式の数週間から数ヶ月前から行う顔の脱毛です。エステなどでは期間が短く価格が安いコースでは顔の産毛を処理するだけの除毛プランであることがほとんどです。反対に時間をかけてしっかりと肌のコンディションを整え産毛を薄くしたり、永久に近い再生率にしていくプランもあります。こういったプランの場合、肌自体が白くキメが細かくなるのでブライダル以外でも人気があります。ブライダルコースではこういったコースが比較的安くお得に設定されていることが多いようです。


クリニック

医療機関で行う顔のムダ毛処理は口の周りやモミアゲなど、比較的太いムダ毛の部分に行われるのが一般的です。顔全体の産毛などの場合には、産毛の処理ができるダイオードレーザーを使うか、脱毛がメインではなく、ケアなの引き締めや美白、ニキビ跡の治療等に使われているレーザーやフォトフェイシャル機器を使うことで産毛が段々と薄く、生えにくくなる効果を利用する事があります。


糸脱毛

韓国や中国では昔から行われている顔の脱毛方法で、短時間で行えるのが特徴です。糸に引っ掛けて産毛を抜いていくので、頻繁に行うことはおススメできません。しかし、カミソリやシェーバーよりは肌の角質にダメージを与えにくいので専門サロン等も増えてきました。肌を明るくして化粧のノリもよくなるのに、エステなどより手軽に低価格で行えるので口コミなどで人気が高まっています。


顔の産毛剃り

うぶ毛の剃り方

  • 低刺激の石鹸やシェービングクリームを剃りたい部分周辺に広く塗ります。
  • カミソリを毛の流れに剃って動かせるようにかみそりを横に持ち、皮膚と剃刀の刃が45度くらいの角度になるように軽く当てて動かします。始めに額を上から下に向かって一定方向に剃ります。眉の生え際に注意して毛の生え方が変化している部分は、流れが変るたびに方向を変えるようにしましょう。
  • 次に頬も上から下へそっていきます。 目の周りはとてもデリケートな部分なので、カミソリは目から少し話した部分から当てていきます。
  • 小鼻周辺は凹凸があってカミソリが当てにくいのでかみそりを縦に持ち替えて小刻みに動かすのがポイントです。この部分だけは上から下ではなく、顔の中心から外側へ向かって剃っていきます。
  • 鼻の下から口の周りは、口の中に空気をためて肌を張った状態にするか、舌で中から押しておくと上手くそることができます。一度カミソリを当てた部分は、2度剃りしないように気をつけましょう。