プラス脱毛

医療用レーザーのQ&A

医療用レーザー,Q&A

医療用の脱毛って何がどう違うのでしょうか? 病院での脱毛だから絶対安心、と考えて大丈夫なのかな?とか、保険がきくわけではないし、わざわざクリニックで脱毛すればそれなりに値段も高くなるんじゃないか…、という疑問や不安もありますよね。メディカル脱毛を行うときに皆が気になる注意点やポイントについてまとめてみました。


Q 何故病院で行っているの?

A

もともとは皮膚や血管、多毛症の疾患治療としてレーザーや電気脱毛が使われていました。これを美容用に改良し、医療機関ではないエステアロンなどでも多く利用されるようになりました。サロン等では大々的に広告を打ち出していますし、綺麗になりたいと訪れた痩身を希望されるお客様に対して、脱毛のコースがあると喜ばれます。脱毛自体の価格もエステサロンの方が低く設定されていることが多いので、「脱毛」というとエステサロンというイメージがついてしまったようです。

Q 保険は使えないの?

A

治療目的ではなく、美容目的の施術となる脱毛は、基本的には保険対象外の自由診療ということになります。自由診療なので医師や病院の判断で自由に値段を設定することができます。クリニックによって一回の値段設定にかなりの幅があるのはこのためです。しかし、重度の肌荒れや多毛症などの場合には、疾患の治療として保険が適用される事もあります。また、ムダ毛の処理行為によって肌荒れや炎症などが起きた場合の治療に関しては、同じクリニックで行っても治療として保険診療が適用されることが一般的です。

Q 医療用レーザーの効果は?

A

医療用レーザーといっても一種類しかないわけではありません。出力や波長が違うレーザーを使って色々な疾患の治療にも使われています。ムダ毛処理に使われるレーザー機器ももともと治療用として開発されたものなので、機材自体の出力や能力は高く効果的なものが多くあります。これをさらに効果的に効率よく結果を出すためには、使う施術者の技術も高くなければいけません。ですから、同じ機材を使用していても切磋琢磨している施術者のいるクリニックとそうでないクリニックでは効果の出方も違ってきてしまいます。

Q 料金の違いは?

A

病院で行う脱毛の多くは治療とみなすことができない自由診療にあたります。そのため、使用している機材の購入価格や維持費など最低限の金額に加えて病院側が自由に設定しています。一回の照射にかかる費用の相場としては1万円前後〜3万円にしている所が多いようです。また、医療の世界は日々進歩しています。ですから使用されるレーザー機器も新しい技術が次々と開発されています。中には、最新機器を導入しているため相場より高い料金設定としているところもあるようです。しかし、技術があり口コミでも評判の良いクリニックでは、経営状態も良いでしょうから最新のレーザー機器を導入していても相場からかけ離れた値段という設定にはしていないのではないでしょうか。

Q 電気とレーザー、どっちが良いの?

A

より確実な永久脱毛の効果を出すことができるのはニードルを使って毛根に特設処理を行うことのできる電気脱毛です。一本一本行うため処理率は高いのですが、時間がかかります。また、電気の場合、どうしても皮膚や毛穴に痛みを感じることが多く、痛みに耐えられないという人も多いようです。レーザーの場合、照射範囲に入るムダ毛に対して一気に処理することができますが、使用する装置のタイプや深度、出力によっても処理率が変ってきます。そのためどうしても電気脱毛に比べると再生率は高くなってしまいます。しかし、レーザーの方が皮膚や毛根に感じる痛みは少なく、時間も短くてすみます。それぞれにメリット・デメリットがありますので、ムダ毛処理を行いたい部位の状態や体質、金銭面を考えて医師に相談してみるのが良いでしょう。