プラス脱毛

光脱毛(フラッシュ脱毛)

光脱毛,フラッシュ脱毛

エステサロンでよく見かける「光脱毛」「フラッシュ脱毛」。
同じように光を使うレーザー脱毛とはどのような違いがあるのでしょうか?


特徴

レーザーと同じように光の特性を使ってメラニン色素の含まれる毛根に熱直接加える方法です。レーザーより出力が低く、皮膚には熱による刺激が加わりにくくなっています。簡単に言ってしまえば、医療用レーザーを一般で使用できる低レベルにしたものがエステのレーザー機器、さらに出力が低くなったものがフラッシュ機器というような感じでしょうか。また、フラッシュ光は距離が離れるほど拡散し、光が深くまで届くという特性があります。そのため、レーザーより広い範囲に当てる事ができるのも特徴です。これらの特徴を持っている光を使ったフラッシュに使われるのが、IPL「インテンスパルライト」と呼ばれるもので、エステ脱毛に使われる主流の機器です。

メリット

範囲が広い

照射する距離を替えることで照射範囲が広がる特性を持つフラッシュ脱毛の場合、一回に当てることのできる範囲はレーザーより広くなります。そのため、腕や脚、背中など広い範囲の無駄毛に対しても短時間に行うことができます。

痛みが少ない

光の照射範囲や波長を変えることができるので、レーザーのように皮膚に痛みを感じることが少なくなります。ニードルやレーザー脱毛ではある程度の痛みを伴うことになりますが、フラッシュの場合には皮膚に痛みを感じなくても毛根に光の波長が届くので、痛みに弱い人にはお勧めです。

価格

サロンで行われるフラッシュ脱毛は、低出力の機器を使用し、ある程度長期間に渡り続ける必要があります。そのため、比較的安い価格で受けることができるところが多く、期間中は何回でも利用できるフリーパスや回数券などを設定しているサロンも増えています。

ダメージが少ない

皮膚表面や表皮内部へ照射される叱りの波長を調節することが可能なため、肌のコンディションや毛穴の状態に合わせてダメージを軽減させることができます。そのため、敏感肌やアレルギーの人でも受けやすい施術といえます。

デメリット

効果・再生率

レーザーと同じように毛根組織に刺激を加えますが、その時成長期である毛根の細胞を壊すわけではありません。細胞の働きを弱め、生えてくる毛を細く目立たない毛にしたり、毛周期のうち成長毛を少なくするといったことを繰り返すことで再生率を低くしていくのが狙いです。そのため、短期間では効果が現れにくく、人によっては再生率がなかなか低くならないという場合もあります。

期間・再生

出力の弱いフラッシュによって刺激が加えられた毛根は、すぐに抜け落ちたり休止期に入ったり、生えてこなくなったりするわけではありません。そのため、永久脱毛と呼べるほどに再生利湯が低くなるためには、レーザーよりもさらに長い期間施術を受ける必要があります。長期間施術を繰り返しムダ毛は細く目立たなくなっても、再生してくるという場合もあります。