プラス脱毛

レーザー脱毛

レーザー脱毛

エステサロンや脱毛サロンなどの広告を見ると、すっきりとしたモデルさんたちが映っています。「永久脱毛」などの言葉と共によく見かけるのが「レーザー脱毛」。レーザーを使った脱毛をすれば、面倒な無駄毛の処理をしなくてすむのかな? と気になっている人も多いはず…。レーザー脱毛をすれば、全身ツルツルになることができるのでしょうか?


特徴

メラニン色素に反応する特定の波長を持ったレーザーの光を使う脱毛方法です。レーザーの光は、メラニン色素のある黒い部分にだけ熱エネルギーとして加えることができます。黒い色のみに反応する光線を使うことで皮膚の上から照射しても、皮膚の中にある毛根部分のみに直接熱を加えられるのです。この熱を利用して、毛を作り出すための毛根組織を壊すことで毛を抜くことができ、さらにしっかりと毛根組織が壊されていれば、その毛根から再び毛が生えてくることはありません。

メリット

太い毛に有効

メラニン色素を多く含む色の濃い体毛に反応しやすいため、特に太い無駄毛の処理に効果的です。特に頻繁に処理を行うことの多い女性は、太目の体毛が生える脇の処理などで利用することが多いようです。また、男性の中にも髭剃りでの肌荒れや体毛の量などで悩んでいる場合には、レーザーを使った処理が効果的です。

痛みが少ない

ニードルを使って熱を加える電気脱毛に比べると、レーザー脱毛で感じる痛みはかなり少なくなります。施術を行う技術者のレベルによって、また、受ける側の感じ方にも違いがありますが、光が黒い部分に当たって熱処理を行う一瞬だけのものです。そのため、ニードル脱毛では痛すぎて続けられなかったという人でも受けることができます。

低価格

エステサロンなどで使用されている機材は医療用レーザーに比べると、どうしても低出力で照射量が少なくなります。そのため、保険適用外の価格で行われる医療機関の脱毛に比べると比較的低価格に設定されているところが多いようです。また、キャンペーンなどを定期的に行っているサロンも多いため、特に格安になっている時期を選べるという点もメリットといえます。

デメリット

産毛の処理にはむかない

黒い色に対して熱処理を行うことのできる光線の特性は、基本的には色の薄い産毛の処理には適していません。特に肌の色が濃い人の場合、レーザーを照射しても毛根部分に対して直接処理しにくく、効果が出ないという事もあります。一般的に扱われているレーザー脱毛ではなく、ダイオード脱毛と呼ばれているもののみ、産毛に対しても熱処理を行うことができます。

顔には使えない場合がある

皮膚の内部にまで光が届くという特性があるため、目の周りに使用すると黒目に熱を加えてしまうことになってしまいます。そのため、顔周りの無駄毛に使えないことが多いのはそのためです。

時間がかかる

ワックスでの除毛や脱色は、その場で見えている体毛を除去することができます。しかし、レーザーの場合、照射して毛根組織を壊すことが出来ても、その場ですぐに抜け落ちるわけではありません。また、退行期の体毛に光線をあててもその組織はすでに退行しているため、次の成長期に伸びてきてしまいます。そのため、ワックスやカミソリを使った一時脱毛と違い、脱毛したい部分に存在する毛を生えてこなくさせるためには、毛周期に合わせて一定期間続けていく必要があります。

アフターケア

痛みの少ないレーザー脱毛ですが、全く痛みや刺激が無いというわけではありません。そのため、技術者のスキル不足や取り扱い、受ける人の肌コンディションなどによっては肌荒れやヤケド、色素沈着などを起こす可能性もあります。しかし、エステサロンは医療機関ではないため、医療行為に該当するアフターケアを行うことはできません。そのため、トラブルが起きるという可能性があることを認識しておきましょう。