プラス脱毛

自己脱毛のQ&A

脱毛,Q&A

体毛の濃い人、薄い人、毛の生え方は人それぞれですから、ムダ毛の悩みも千差万別ですよね。でも、無駄毛のお手入れは、あんまり人に見せるものじゃないですから、他の人がどうやっているか、自分は間違った方法をしているんじゃないか、気になりますよね。新しい脱毛方法の口コミや、人には聞けない悩みや不安、処理方法について聞く様々なウワサなど、自己処理についての疑問を集めてみました。


Q カミソリを使うと毛が太くなる?

A

自然に生えている体毛の先端は細くなっていますが、カミソリで切られた体毛は断面がそのまま見えるので、毛が太くなったように感じます。そのため、実際に体毛が太くなっているわけではありません。ですから、シェーバーやはさみなどを使ったときも同じように太くなったように感じることがあります。しかし、刺激を与え続けることで皮膚の細胞や防護機能が活発になり、体毛を太くしたり色が濃くなるという可能性はあります。

Q 自宅でも永久脱毛はできる?

A

エステで使われているようなレーザーや高周波などの脱毛器を改良した家庭用を使用すれば、永久脱毛に近い効果が得られる事もあります。一般的に永久脱毛といわれているのは、毛根の中にある毛を作り出す組織を壊したり作りにくくすることにより、脱毛を行った部分の体毛の再生率が20%以下になることを言います。そのため、永久脱毛を自宅で行うためには、効果的な脱毛器具とそれを正しく使う技術が必要となります。

Q 毎日してもいいの?

A

自分で行うことのできるムダ毛処理の方法は、どれも必ず肌や毛根に刺激を加えてしまいます。そのため、毎日刺激を与えることで肌の組織や毛根を守ろうと細胞が活性化して、反対に体毛の色が濃くなってしまったり、毛の量が増えてしまう場合もあります。体毛には毛周期と呼ばれる生え変わりのリズムがありますので、毎日ではなく毛周期や体調に合わせて無駄毛の処理をすると効果的に行うことができます。頻繁にムダ毛処理を行うと肌のメラニン色素が増える原因にもなり、黒ずみやシワができる事もありますので注意しましょう。

Q パッチテストってどうやるの?

A

除毛ワックスやクリーム、脱色剤など、薬品を使うタイプは事前にパッチテストを行います。脱毛する1週間ほど前に使用する薬剤を少量取り、腕や脚などに塗りつけ拭き取ります。一定時間放置するタイプの場合には、同じくらいの時間肌の上に乗せてから拭き取りましょう。すぐにアレルギーや異常が現れる場合もありますが、一日〜一週間の間に現れる場合もあります。また、初めての場合には、手の甲などで一度テストを行い、大丈夫であれば脱毛したい部分でもう一度パッチテストを行うといった、2段階に分けることをお勧めします。

Q デリケートゾーンのお手入れは?

A

デリケートゾーンのムダ毛処理方法として、ブラジリアンワックスなどのワクシングが話題になっています。毛抜きよりも短時間で行えますが剥がすときに痛みは感じます。また、処理するための方法には色々な種類がありますが、間違った手順や方法で行うと炎症や化膿、黒ずみやシワなどの原因となってしまいます。特にデリケートゾーンは皮膚が柔らかく刺激を受けやすい部分です。ビキニラインなどのお手入れは頻繁に行わず、必要なときだけにするか、はさみでカットする、といった方法がお勧めです。敏感肌やアレルギーの人がどうしてもお手入れしたいという場合には、セルフではなく医療用の脱毛を試してみることをお勧めします。