プラス脱毛

除毛クリーム

除毛クリーム

痛みも少なく、塗るだけで簡単に除毛出来ちゃうなんて夢のよう! だけど、そんなに簡単にムダ毛の処理ができちゃう薬品を使った除毛って、お肌や身体全体に影響は無いのでしょうか? 時間も手間もお金も掛かるムダ毛の処理だからこそ、簡単で楽なものって不安もあるけどすごく気になりますよね。実施に使ってみて感じたポイントを参考に、自分に適しているかどうか判断してみてください。


特徴

少し前までは処理したいムダ毛の生えている部分に塗ると、皮膚の表面にある部分の体毛が溶かされて除毛できるタイプが主流でした。このタイプの場合には、少しすると皮膚の中に残っている毛が伸びてくるため、剃毛に近いサイクルで処理する必要があります。しかし、最近では毛穴の内部にまで有効成分が浸透して毛根から体毛が抜けていくタイプも増えています。こちらの場合には、毛根まで抜けてしまうため次に皮膚表面から体毛が見えるようになるまでにはやや時間がかかります。

メリット

痛みが少ない

毛抜きで抜いたり、脱毛テープで引き剥がしたりするような痛みが無いことが一番のメリットといえます。特に皮膚の柔らかい部分に生えている毛や細くて引っ張りにくい体毛を除毛したい場合に効果的です。

薄毛

毛穴の内部にまで浸透するタイプでは、毛を伸ばしたり生やしたりするために活動する毛球(毛母細胞)に有効成分が浸透していくため、繰り返し使ううちにその部分からは毛が生えにくくなったり、細く薄い毛になったりする事もあります。また、体毛を引っ張るわけではないので毛穴にかかる刺激が少なく、脱毛後に毛穴がプツプツしたり黒ずんだりしにくいのも特徴です。

時間

広範囲のムダ毛をいっぺんに処理することができるため、脱毛時間が短くてすみます。除毛クリームは水で流したり、拭き取ったりするので処理後の片付けも手軽に行えます。

デメリット

肌へのダメージ

アルカリ性物質に弱い毛の性質を利用してやや強いアルカリ性の薬品を使用します。そのため、弱酸性の皮膚も刺激が加わることになり、肌の弱い人の場合肌荒れやかぶれ、アレルギーを起こしてしまう人もいます。

体調への影響

毛穴の内部に浸透するタイプの場合、大変弱い作用ではありますがホルモン物質の分泌サイクルに影響を与えることがあります。脱毛や除毛は女性が行うことが多いのですが、生理前や生理中に除毛クリームを使った脱毛を行うと、体調不良を訴えたり、月経周期が乱れると事もあるようです。

脱毛方法

処理前

肌が荒れている状態でアルカリ性のクリームを塗ると、さらに肌荒れが酷くなったり炎症を起こしてしまう場合もあります。処理前にしっかりと肌のケアを行うことと、ライフサイクルに合わせて体調のよい日を選んでおくことがポイントです。

除毛方法

脱毛したい部分に除毛クリームを適量塗り、規定時間に従ってしばらく浸透させます。体毛が浮いてきたら、乾いたタオルで拭き取るか、ぬるま湯などでクリームごと流します。クリームを取る方法は商品によって違っていますので、指示に従った方法で行ってください。

アフターケア

皮膚表面に大きな負担がかかることになるため、除毛後に刺激の強い入浴剤を使用した入浴や身体の擦り洗いは避けるようにしましょう。また、皮膚自体がアルカリ性に偏っているため、低刺激の弱酸性保湿剤などで、しっかりとケアしておくことが大切です。